鉄道会社向けの遺失物管理システムを開発

鉄道会社向けに遺失物管理システムを開発いたしました。弊社は設計、開発、SASとの連動試験を担当しています。

駅や電車内の忘れ物や落とし物を保管、管理ができるシステムです。

遺失物はSAS(バスケット式立体自動倉庫システマ)などに個別で保管され、管理番号が割り振られます。

保管した後は管理番号をハンディターミナルで読み込むと、自動的に倉庫から出庫され取り出すことが可能です。

これまで3ヶ所で管理されていた遺失物が1ヶ所に集約され、SASと無線ハンディターミナルを使用することで更に効率的でスムーズな業務が行えるようになりました。

主な開発内容

  • 設計:要件定義
  • 連動試験:SAS連動試験専用のシミュレーターを設計、作成

など