大手ゼネコン向け ゲートウェイアプリケーションの開発

大手ゼネコン向けIoTプロジェクトで、屋内見える化のためのゲートウェイアプリケーションの開発をしました。

ゲートウェイ端末として、ぷらっとホーム株式会社製のOpenBlocksを採用し、オムロンUSB環境センサの情報を収集、MQTTブローカーへ送信する仕組みを実装しました。

USB環境センサは執務スペース、食堂など計61箇所に設置し、室内における温度や照度、湿度、騒音レベルなどのデータを計測します。

計測したデータは設置された30台のゲートウェイ端末で収集および、送信します。

MQTTブローカーへ送信されたデータは最終的に見える化され、設計研究をはじめ、より働きやすい職場環境への参考としても役立ちます。

詳細

担当人数 3人
担当範囲 開発、テスト、現地設置作業
開発期間 3ヶ月

※画像はイメージです